練馬区でリフォームするときの中間マージン

住宅をそろそろリフォームしようと思ったならば、リフォーム業者を一つ選ばなければいけません。



練馬区にはたくさんの業者がありますので、多くの人は迷ってしまう可能性があります。

練馬区の業者を選ぶときに重要なのは、無駄にお金がかからないところです。


通常リフォームは、客観的に見てどのくらいの価値があるのか分からないものです。

実際には50万円程度の価値しかないのに、業者が100万円といえばそのぐらいの価値はあるのかと思ってしまうこともあるでしょう。



そこで、練馬区の業者の中で、いくつかの業者を比較することが大事です。
もし、相場以上の金額を見積額に掲示するような業者であれば、ほかの業者と比較をした時に多めにお金を取っていることがわかるでしょう。


つまり、比較をすることで、わかりにくかったリフォーム費用もある程度分かりやすくなります。
もう一つは、中間マージンを支払わないことも重要です。



工務店にお願いをする場合は、たいてい工務店の職員がリフォームをするのではなく、下請け業者が行います。

下請け業者を雇う場合では、中間マージンとして工事費用にかかる金額のおよそ5パーセント程度を支払う必要があります。


安い金額であれば大して変りはありませんが、工事自体が300万円ほどかかるとすれば15万円も余分に払っていることになります。中間マージンを支払ないようにするためには、下請け業者を一切雇わないところを選ぶのがよいかもしれません。